【仮想化道場】2015年のサーバープロセッサを解説する @インプレス

この記事の所要時間: 036

2015年にはCore Mベースのサーバ向けSoCのXeon Dが登場するとのこと。
私の自宅には鳴り物で登場したサーバ向けAtom,Avotonを今年導入しましたがなんとも使いづらい・・・
というのもVT-d非対応なのがとても厳しいんです・・自宅向け仮想サーバとしてはPCIパススルーを一部のVMに使いたいというニーズを満たせないのがなんとも・・・・あと動きもワンテンポおいたもっさり感があまり好きになれないんですよね。
電気代が劇的に安くなったのは言うまでもないですが明らかに性能を犠牲にしている感が否めないので登場を心待ちにしている今日この頃です。

 

記事@インプレス

The following two tabs change content below.
wakaski
横浜在住。広島生まれのカナダ育ち。 アキバ系店員→PC雑誌編集員→ビットバレー系ベンチャーをうろつく→某ネットワークSIerを経て現在は某ネットワーク機器メーカー勤務。 固定網のブロードバンドを6年、モバイルのブロードバンドを1年半程度、最近ほ主に雲の世界のお仕事をやっています。 とにかく激辛フードラブで中本の北極がなくなるとおそらく死にます。 現在辛さ4倍の慣らし運転中。

About the Author

wakaski
横浜在住。広島生まれのカナダ育ち。 アキバ系店員→PC雑誌編集員→ビットバレー系ベンチャーをうろつく→某ネットワークSIerを経て現在は某ネットワーク機器メーカー勤務。 固定網のブロードバンドを6年、モバイルのブロードバンドを1年半程度、最近ほ主に雲の世界のお仕事をやっています。 とにかく激辛フードラブで中本の北極がなくなるとおそらく死にます。 現在辛さ4倍の慣らし運転中。

Be the first to comment on "【仮想化道場】2015年のサーバープロセッサを解説する @インプレス"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。