大崎市民病院、40台の物理サーバーを仮想化で5台に集約

この記事の所要時間: 024

ネットワンシステムズが共通仮想化基盤を構築し、管理するサーバを1/8にしたとのこと。
仮想化って点在したリソースを重ねてまとめることでこのようなリソースの多重化によって物理的なサーバを集約することが一番のメリットだと思うのだけれど、、、、最近は集約よりも仮想化の性能ガーみたいな声がかなり聞こえてきて本来の仮想化のメリットが失われているように思えてしまう今日この頃です・・・・

記事@インプレス

The following two tabs change content below.
wakaski
横浜在住。広島生まれのカナダ育ち。 アキバ系店員→PC雑誌編集員→ビットバレー系ベンチャーをうろつく→某ネットワークSIerを経て現在は某ネットワーク機器メーカー勤務。 固定網のブロードバンドを6年、モバイルのブロードバンドを1年半程度、最近ほ主に雲の世界のお仕事をやっています。 とにかく激辛フードラブで中本の北極がなくなるとおそらく死にます。 現在辛さ4倍の慣らし運転中。

About the Author

wakaski
横浜在住。広島生まれのカナダ育ち。 アキバ系店員→PC雑誌編集員→ビットバレー系ベンチャーをうろつく→某ネットワークSIerを経て現在は某ネットワーク機器メーカー勤務。 固定網のブロードバンドを6年、モバイルのブロードバンドを1年半程度、最近ほ主に雲の世界のお仕事をやっています。 とにかく激辛フードラブで中本の北極がなくなるとおそらく死にます。 現在辛さ4倍の慣らし運転中。

Be the first to comment on "大崎市民病院、40台の物理サーバーを仮想化で5台に集約"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。