就活概論 (13) メールについてその2

この記事の所要時間: 136

iPhoneでメールのやり取りをするとき、標準設定だと文末に「iPhoneから送信」という署名が自動的に入るようになっていると思う。
でも、就活においてはそのまま送るのはやめた方がよいと思う。
 
この署名のルーツは、スマートフォンの元祖といえるBlackBerryに遡る。
BlackBerryでメールを送ると、メールの末尾に自動的に”Sent via BlackBerry by AT&T”といった署名が入るようになっていた。なぜかというと、BlackBerryはもともと「返事が出来るポケベル」というコンセプトで始まった端末で、長文を打つことを想定していなかったので
「素っ気ない返事だけどBlackBerryから送っているから勘弁してね」
という一種の言い訳の意味で、この署名がついていたわけ。もちろん、宣伝目的もあったんだろうけど。
 
その名残なのか、iPhoneだけでなく、Androidスマートフォンのメールソフトを立ち上げても
“Sent from my Sony Xperia™ smartphone”
といった署名が自動的につくようになっている。
 
今日では、素っ気ないメールの言い訳というよりは宣伝目的の色合いが強いんだろうけど、就職活動においてはその宣伝に乗っかる蓋然性は全くない。
 
OBや採用担当者(=自分より目上の人)にメールを送るのであれば、不要な表現は極力省くべきだし、送る前に文面を推敲するだろう。髪の毛がボサボサのまま面接に臨む人はまずいないのと同じ。
 
なので、「iPhoneから送信」は削除してから送るべきだと思う次第。
 

The following two tabs change content below.
shibuyade
英語ができないのに外資ではたらくことになったガジェット好きサラリーマン。都内在住。2014年より「渋谷ではたらく外資系社員のBlog」を開設。尊敬する人:チェザーレ・フィオリオ

About the Author

shibuyade
英語ができないのに外資ではたらくことになったガジェット好きサラリーマン。都内在住。2014年より「渋谷ではたらく外資系社員のBlog」を開設。尊敬する人:チェザーレ・フィオリオ

Be the first to comment on "就活概論 (13) メールについてその2"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。