【レビュー】Finsix dart購入までの顛末(1)

この記事の所要時間: 113

筆者は勤め先でDELLのE6320という機種を割り当てられている。これがまた重い。さらに6セルの拡張バッテリーを渡されているので更に重い。しかし、なによりも重いのはACアダプターだ。これがレンガ並みに大きい。

これを全部持ち歩いていては大変だが幸い普段はオフィスに置いてきている。
辛いのは出張だ。大きいから嵩張りもする。
たまたまネットを見ていたら小型だがPCとさらにタブレットまで充電できるACアダプターが出る、という記事を読んで飛びついた。
見てみるとロッテクールミントガムを一回り大きくしたくらいでしかない。(ブルーベリーガムではなく、クールミントがこだわりポイント)iPhone付属のACアダプターを二つ直列で繋いだくらい、と言ってもよい。しかもDELLにも対応しているらしい。
立ち上げたのはFinsixFinsix()というMITをスピンアウトした6人の若者。夏に向けてサプライヤーを確定し、11月には出資者への初回出荷をする予定だという。Kickstarterで出資を募っていた。アベノミクスの影響で円安が進んで105USDを支払うには妻に隠れてキープしていたなけなしの1万円を投げ打っても足りなかったが、どうにか調達してBacker(Kickstarter用語で出資者を指す)となった。
これが2014年3月。11月を楽しみにして暑い夏を迎えた。(続く)
 

 

The following two tabs change content below.
german
福岡牧場育ちのドイツ産馬。某製造業にてERPパッケージ導入に従事。最近は専ら娘二人と遊びながらガジェットを試している。海外や旅行で使えるガジェットを常に追い求めている。

About the Author

german
福岡牧場育ちのドイツ産馬。某製造業にてERPパッケージ導入に従事。最近は専ら娘二人と遊びながらガジェットを試している。海外や旅行で使えるガジェットを常に追い求めている。

Be the first to comment on "【レビュー】Finsix dart購入までの顛末(1)"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。