[review] 極薄リュック Betabrand Under-The-Jack Pack

この記事の所要時間: 149

「ジャケットの下にぴったりと隠れて収まる」と言う触れ込みのリュックサック。BetaBrandという、アパレルのキックスターターみたいなサイトが販売している。Twitterで見かけて、早速購入した(といってもすでに1年以上使っている)。イメージとしては、Macbookのソフトケースに、肩掛け用のストラップがついているようなもの。とても薄くて気にいっている。裏地はメッシュになっている。


https://flic.kr/p/JWRbwG
Under-The-Jackを背負う著者近影。

サイズは13インチと15インチの2種類。15インチを持っているが、試しに背負ってから、ジャケットを上に羽織ってみると、背中のあたりが角ばって目立ってしまう。厚手のダウンとかだったらわからないだろう。13インチだったらうまく隠れるかもしれない。Macbook 12インチ用に小さい方を購入したい。

収納は意外と充実していて、内側にはペン小物ポケットが2つと、ジップボケットが1つ、大きなポケットが1つある。外側には傘用に使っている細長いジップつきの収納が1つある。傘とACアダプタ、財布を入れてちょうどいい。iPad Pro 12.9インチも入れるとパンパンになるが入らないこともない。Macbook Pro 15インチを持ち歩きたいが肩掛け鞄は重さの左右バランスが悪いので、背骨に悪いのでこの薄いリュックタイプを重宝している。おすすめです。

自分が持っているのはバージョン1.0だが、なんと2.0からは反射材つきのものができたらしい。欲しい!

Image from Gyazo

Under-The-Jack Pack 2.0 (Flame)
2018/8/25在庫あり

Under-The-Jack Pack 2.0 (Flashback)
2018/8/25時点で残念ながら在庫切れ

Under-The-Jack Pack 2.0 (Black)
2018/8/25プリオーダー中

Image from Gyazo

Image from Gyazo

Image from Gyazo

初出: techcafe – Keiichi YASU Scrapbox.io

The following two tabs change content below.
venga
某研究所で音声の研究をしております。名前(venga)の由来は、ライターwakaski師匠に初めて会った時に、VengaboysというダンスユニットのUp and Downという曲を紹介してもらい盛り上がった為です(懐かしい)。

About the Author

venga
venga
某研究所で音声の研究をしております。名前(venga)の由来は、ライターwakaski師匠に初めて会った時に、VengaboysというダンスユニットのUp and Downという曲を紹介してもらい盛り上がった為です(懐かしい)。

Be the first to commenton "[review] 極薄リュック Betabrand Under-The-Jack Pack"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。