親指シフト生活

この記事の所要時間: 134

2015年5月から、PCでの日本語入力を「親指シフト」に変えた。ローマ字モードは、他の人のPC以外では使わなくなったのでたまに人前でローマ字入力をすると引っかかりまくって恥ずかしい。じゃあ親指シフトは完璧なのかというとそうでもなくてまだまだひっかかる。特に、ちいさい「ぁぃぅぇぉ」や「ぱぴぷぺぽ」が苦手だ(これをうっていてもひっかかる)。濁音はふだんのキーに反対側のシフトを同時押しするだけでいいので簡単だが、半濁音は場所を覚えないのと頻度が低いのでなかなか身につかない。単語レベル・文レベルでキーを覚えていくので、メールの文章は比較的すぐに早く打てるようになった。

親指シフトにして変わったことといえば、キー入力が静かになったことが挙げられるかも。基本的に一文字一キーなので頭にうかんだカナをそのまま1タイプで入力できるため、指の動きはローマ字入力のようにバタバタしていない。同時押しキーが有るため、楽器を演奏している感覚に近い(「ピアノのよう」by shiology先生。shiology先生には多分に影響を受けている)。
親指シフトでキー入力が早くなったかといえばまだまだそんなことはないのだが、負担は減った気がする。

ちなみにWindowsでは「やまぶきR」の「orz配列」、OSXでは「karabiner」のおなじく「orz配列」で入力しいている(orz配列は右手のホームポジションが一つ右にずれる)。専用キーボードとかは必要ない。

入力方法を変えた時のもどかしさは、PCを初めて触り始めた時のような甘酸っぱさとともに懐かしい。

地味に「親指シフト」普及活動をしています。思い立ったら、その日に始めて、ローマ字入力に戻らないのがコツです。あなたも、今日からぜひ。

Photo: 7月のLisbon・Paris (DP3m)
UntitledUntitled

Untitled

The following two tabs change content below.
venga
某研究所で音声の研究をしております。 名前(venga)の由来は、ライターwakaski師匠に初めて会った時に、VengaboysというダンスユニットのUp and Downという曲を紹介してもらい盛り上がった為です(懐かしい)。

About the Author

venga
某研究所で音声の研究をしております。 名前(venga)の由来は、ライターwakaski師匠に初めて会った時に、VengaboysというダンスユニットのUp and Downという曲を紹介してもらい盛り上がった為です(懐かしい)。

Be the first to comment on "親指シフト生活"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。