[書評] エバーグリーン

この記事の所要時間: 12

ミュージシャンを目指す男子と、マンガ家を夢見る女子。中学の卒業式の日、10年後に再会を誓い合った2人は…
 

エバーグリーン 双葉文庫
双葉社 (2014-10-24)
売り上げランキング: 93,152

雪国の地方中学を舞台に、2人の想いと夢はふくらむが、その内面はバラ色とはゆかない…

でも、あらゆる願いが、かなえられなかった時の絶望感を含んでいるのと同じように、予感は不安と表裏一体だ。

 
2人の間に時は流れ、自分の気持ちをよそに、周囲は速度を上げてやさぐれてゆく…

「彼氏のことちゃんとすきなんだけどさ。でも、なんていうのかなあ、すっごいハッピーエンドが待ってるわけじゃないじゃん。相手をとっかえひっかえしてりゃ、ドラマチックに過ごせるのかもしんないけど、私、それ一生やってける度量も容姿もないし」

 
初恋のきらめきと甘酸っぱさ、のしかかる現実、自分だけのものではなくなってゆく日々の生活の中で、あの日約束した10年後に向かって、離れ離れになった彼と彼女の、退廃と苦闘の日々が、読者の胸にも静かに刻まれてゆく佳作。

The following two tabs change content below.
n-mizuno
1976年東京生まれ。小学校から12年間男子校で過ごした後、ほぼ女子校状態の大学に進学。就職してからは、アフリカ、ロシア、モンゴル、東南アジアを駆けずり回って海外営業にいそしむ。自称・日仏英伊クアッドリンガル。

About the Author

n-mizuno
1976年東京生まれ。小学校から12年間男子校で過ごした後、ほぼ女子校状態の大学に進学。就職してからは、アフリカ、ロシア、モンゴル、東南アジアを駆けずり回って海外営業にいそしむ。自称・日仏英伊クアッドリンガル。

Be the first to comment on "[書評] エバーグリーン"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。