[書評] 聖徳太子はだれに殺されたのか

この記事の所要時間: 15

日本人なら誰もが知ってる聖徳太子。
 

聖徳太子はだれに殺されたのか (関裕二古代史の謎コレクション)
関 裕二
ポプラ社
売り上げランキング: 266,260

推古天皇の実子でありながら、皇位継承者たる皇太子の称号はなく、他方で摂政として十七条憲法や遣隋使など政治・外交での大活躍、そして敬虔な仏教徒にして数多のスーパーマン伝説に彩られる”聖人”。
それほどまでの人物にも関わらず、なぜか朝廷の正史たる『古事記』には厩戸皇子誕生の挿話は書かれていても、”聖人”聖徳太子としての活躍は一切記されておらず、もうひとつの正史『日本書紀』は、”聖人”の薨去の前後の事情について口が重たい…
そして太子の没後に起こる乙巳の変、大化の改新に至るまでを俯瞰して、筆者は通説を砕き去る新説を唱える。
謎が謎を呼ぶ古代史の闇は興味が尽きないが、本書を呼んでいてひときわ眼を惹いたのは、京都の広隆寺にある聖徳太子の等身大像。
この像には歴代天皇の即位時の装束を着せる習わしがあり、今上天皇もご奉納されているということ。実際に天皇になったことのない”聖人”が、一体何の為に天皇に擬される必要があるのだろう……

The following two tabs change content below.
n-mizuno
1976年東京生まれ。小学校から12年間男子校で過ごした後、ほぼ女子校状態の大学に進学。就職してからは、アフリカ、ロシア、モンゴル、東南アジアを駆けずり回って海外営業にいそしむ。自称・日仏英伊クアッドリンガル。

About the Author

n-mizuno
1976年東京生まれ。小学校から12年間男子校で過ごした後、ほぼ女子校状態の大学に進学。就職してからは、アフリカ、ロシア、モンゴル、東南アジアを駆けずり回って海外営業にいそしむ。自称・日仏英伊クアッドリンガル。

Be the first to comment on "[書評] 聖徳太子はだれに殺されたのか"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。