MODX導入実験 (0)

この記事の所要時間: 138

僕の個人サイトClichés.netは1997年2月に開設。以来、18年近く公開を続けているわけですが、このたびCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入することにしました。

【CMS導入の経緯】
開設当初はAdobe PageMillでページをつくってきて、2002年頃にMacromedia Dreamweaverに乗り換え、サイト管理を活用してきました。Dreamweaverは非常によく考えられたアプリでとても便利なのですが、いかんせん旧態依然とした静的生成なので、ひとつのページを更新するたびに、関連するページやリンクも手作業で更新する必要があったりするのが、ブログ全盛の時代にだんだん面倒くさくなってきたというのがCMS導入のきっかけです。
 
【MODX採用の理由】
CMSとして最も活用されていて、拡張機能も豊富なのは、ブログプログラムのWordPressかと思います。ブログの元祖だったMovable Typeが失速するのを横目に、無料でユーザを増やす→より便利な活用方法が考案される→システムの機能拡張が開発される→ますますユーザが増える、という好循環が今も展開されているのが見て取れます。僕も自分のブログにWordpressを使っています。また、ポータルサイトやニュースサイト向けにはJoomla!Concrete5といったCMSも広く普及しています。

一方、僕が自分のサイトに導入するCMSには、以下の条件を満たしていた欲しいと思っています:
・ 自分のオリジナルデザインを維持したい
・ ディレクトリ構造(記事のカテゴリやファイル名)を変えたくない
・ 頻繁な更新はしないがリンク切れなどは避けたい
・ Dreamweaverから移行して苦にならない操作感

この条件ではMODXが最も快適そうに思えたので、まずは動かしてみようと思い立った次第。

(つづく)

The following two tabs change content below.
n-mizuno
1976年東京生まれ。小学校から12年間男子校で過ごした後、ほぼ女子校状態の大学に進学。就職してからは、アフリカ、ロシア、モンゴル、東南アジアを駆けずり回って海外営業にいそしむ。自称・日仏英伊クアッドリンガル。

About the Author

n-mizuno
1976年東京生まれ。小学校から12年間男子校で過ごした後、ほぼ女子校状態の大学に進学。就職してからは、アフリカ、ロシア、モンゴル、東南アジアを駆けずり回って海外営業にいそしむ。自称・日仏英伊クアッドリンガル。

Be the first to comment on "MODX導入実験 (0)"

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。